スポンサーリンク

 

 

06062018の読書記録。

 

私は1985年発行の旧版を読んだ。故郷(南関東)の菜っ葉(漬け菜)の歴史がわかる。

 
『小松菜の里―東京の野菜風土記』
亀井千歩子 著
彩流社

 

移動の時代には、その歴史が長いユダヤと華僑の人々から学ぶことが多いように思う。1995年発行。 

『英国ユダヤ人』
佐藤唯行 著
講談社 発行
978-4062580465


 

ルー・タイス氏はアファメーション提唱元祖の方になるのかな。1998年発行の古い図書だが、自己啓発するには今でも良書。

『望めば、叶う』
ルー・タイス 著 吉田利子 翻訳
日経BP社 発行
978-4822241070

 

以上。
 
 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。