スポンサーリンク

 

Bookworm とは「本の虫」。好奇心と知識欲が旺盛がゆえに、時に頭でっかちとなるけど、本の虫だからこそ得られた何かが人生を助ける。

 

ユダヤの人々は、自らを「読書の民」と呼ぶのだそうだ。私のメンターも、「私たちは本の人」だと言っていた。

 

アフリカン・アメリカン 文学

 

「本の虫」でいることが好きだし、「本の虫」である人が好きである。

 

2014年3月30日日曜日、神奈川県川崎市の新百合ケ丘の[Bar Chit Chat]で、本の虫たちが集まる〈Bookworm〉が開催される。17年も続いている朗読会であり、会場となるバーもこの春で10周年を迎えるとのことで、おめでたいイヴェントなのである。

 

バーのオーナーのお誘いで、参加することにした。

 

関連記事
Shinyurigaoka Deli (A Taste of Shinyurigaoka) 全てのトラック

 

声を出して本を読む作業は本を制作した時以来だし、感情をこめ、抑揚をつけて本を朗読するのは学生の時以来だ。

 

恥もかきながら、何かを声に出して読んでみようと思う。

 

Bookworm

日時:2014年3月30日(日)14:00から

会場:新百合ケ丘 [Bar Chit Chat

入場無料(1ドリンク)

詳細は公式ページでご確認を。

 

見えない人間

  

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー(多分14歳から)、強膜炎、反応性低血糖症(多分15歳から) / 陸の哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / 1日水4L以上、海塩20g、バター100g、青菜400gで健康維持 / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (08/10/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。