スポンサーリンク

 

2015年に毎日使うメモ帳とダイアリーがAmazonから届いた。

 

2015年はモレスキンのリポーターノートブックとダイゴーのダイアリーを使用します(molesikine daigo)【ミニマリスト 文房具】

 

私のアナログ手帳の使い方は、薄めのダイアリーに予定を書き、別途、普通のシンプルなメモ帳を用意しそこにメモをする、というかたちだ。そして、5s以前のiPhoneくらいの大きさであることが条件。モレスキンとトラベラーズノートはクリアできるサイズがある。

 

というわけで、以前、2015年もモレスキンとトラベラーズノートを使う予定です  と宣言した通りに、来年も、2014年と変わらずプレーンなノートブックか、Evernote付きのもの、そしてトラベラーズノートのパスポートサイズのダイアリーにしようと思っていた。

 

ところが、予定が変わった。

 

まずモレスキンだが、Reporter Notebookという種類があることを知った。というか探した。

 

土曜社という人文経済系出版社があるのだが、この会社から、年四回発行で「A4手帳」なるものが発売になる。「上下見開きのスケジュール帳として使用します(これにより、対面で打ち合わせの際など、メモ内容を見られるおそれが軽減)」(土曜社のHPより抜粋)というかたちなのだそう。社長様はかなりのアイデアマンなので、頭のいい製品を開発された。

 

小さなサイズがあればよいのにと思いつつ、上下見開きはナイスなプロダクトと、モレスキンを見たら似たようなものがある!

 

Plain Reporter Notebookの小型サイズに決定です。

 

次に、トラベラーズノートのスケジュール帳は、サイズも使い勝手もよいのだが、オレンジの表紙の色に飽きてしまった。

 

オレンジは、遠い昔、母が癌治療をしていた頃の抗がん剤の色だ。当時は癌は治らないと言われていた時代で、つい16歳の頃を思い出す色だ。

 

そこで、昔に使っていたスケジュール帳を出している、ダイゴーのサイトをを見たら、ティファニーコバルトブルー(勝手に命名)と黒の表紙カラーで平日分のメモが広めというタイプが発売になっていた。その美しいブルーは、来年の私のラッキーカラーだし、自分の会社のロゴの色で使っている色と似ていたので、そちらにしてしまった。もちろんこちらも小型で旧式iPhoneより小さい。

 

トラベラーズノートさん、ごめんね。表紙色が何種類かあるといいですね。

 

 

Moleskine Plain Reporter Notebook Pocket

ダイゴー 2015年手帳 HPダイアリー 月間ブロック 1M 平日広 スモールサイズ グリーン E1091

 

A4手帳

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。