スポンサーリンク

 

昨日(正確に言うと日付は3月26日)アップした、久しぶりにヒップホップについて語ってみよう を書きながら思いついたのだけど、月から土曜日まで配信している新刊情報メールマガジンに、週一回、翻訳されたアフリカンアメリカン文学(時々他のジャンルも交えながら)の書籍を掲載していこうと思う。

 

アフリカンアメリカン文学の本の紹介は、いつかはやらないといけないと思っていたけど、そのいつかがやってきた。キリが良いので、4月2日の週からということで。曜日はまだ決めていない。

 

外国文学の市場は大きくない上に、アメリカの国である日本では、有色人種でない人種がアドヴァンテージが高いので、アフリカンアメリカン文学市場はさらに狭まる。

 

でもヒップホップが再び盛り上がりそうな予感がするので、その一部の人が、本を、アフリカンアメリカン文学を、書店や図書館で見つけて、購買したり読んでくれたら良いなと考えている。

 

出版社の商売の都合上、電子書籍とは現状相性が合わないのはよくわかるので、是非紙の本を楽しんで欲しい。

 

日曜日と祝日以外は毎日配信している新刊情報メールマガジンは、私がこれから読みたい本のリストでもあって、虚弱体質でいつでも入院していいくらいのギリギリの体力で暮らしているので、生きていますの証。

 

余計なことは二ヶ月に一回くらいしか書かない事務的なものだ。アマゾンの情報をコピペしているだけと言えばそうなんだけど、個人的なリストなので、そのおすそ分けと考えてください。

 

その日注目新刊がなければ、直近または思いついた既刊を、一言感想を添えて掲載するので、その一言感想が余計なことである。本当に簡素で、このブログみたいにうるさいことは書かない。

 

月から土曜日の08:00-12:00の間の配信で、祝日はおやすみ、無料、アマゾンのアソシエイトリンクは貼っている。

 

ご希望の方は、hello@plen-act.com 宛てに「新刊情報希望」と「メール上のお名前」をお知らせいただければ、遅くても翌々日から配信が始まり、配信日の晩には、このブログにもバックナンバーを掲載する。

 

よろしければ登録をお願いします。

 

繰り返しになるけど、アフリカンアメリカン文学の本たちの掲載は週一回。どこのジャンルから始めようかもまだ決めていないけど、多分きっと黒人霊歌からのスタートすると思う。

 

私自身が学生時代の勉強を再びということで始めるプロジェクトでもある。

 

 

最終更新 03/27/2018 09:35

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業在宅リモート職(Webマーケティング、翻訳) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学科目履修生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 発症歴31年、ナルコレプシー、強膜炎、反応性低血糖症 / 水4L海塩25gとバターとリノール酸油と青菜を大量摂取、9kmウォーキングと軽い筋トレ、睡眠7.5時間をとることが健康維持のための日課 / 陸生哺乳類肉と米と芋と木の実と砂糖とアルコール摂取は以前にやめた / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (10/30/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。