スポンサーリンク

 

仲の良い女性の友人と、俳優、根津甚八氏の話しで盛り上がった。

 

via CriterionFanboy627 さん 黒沢明監督『乱』は根津甚八氏の代表作でもある

 

 

根津氏は、1970年代の終わり、私がちょうど5歳の時、生まれて初めて異性で良いと思った男性だ。大河ドラマ「黄金の日日」で石川五右衛門役扮する氏が、五右衛門風呂に入る(処刑という意味です)シーンでしびれてしまった。二つ上のその友人も、7歳でその五右衛門風呂の根津氏の姿を見て、惚れてしまったとのこと。

 

四十代前半女性二人は大興奮。

 

YouTubeでその動画を見つけたが、今見ると壮絶過ぎだ。でも、昔のドラマはこれだから面白かったのだ。人間の歴史や社会は綺麗ごとだけでないことが表現されていた。

 

根津甚八氏のことは、15歳くらいまで、気にかけながら、時に熱狂的になり過ごした。

 

思い出深い作品の動画を探したが、権利がやかましいらしい。中村雅俊氏と共演していたTVドラマ「誇りの報酬」や、映画『吉原炎上』などは見つからない。

 

現在、根津氏は俳優業をお休みされているようだけど、せめて動画が見られると嬉しい。

 

美しい映画です。五社英雄監督作品。

 

 

大河ドラマ「 黄金の日日」5歳の時にこのシーンを見て根津甚八に恋をした。

※ご覧になる際は覚悟願います。

 

TVドラマ「あまく危険な香り」

再放送で見た。カッコよすぎ。山下達郎の曲もまたいい。

 

NHKFM「ニューヨーク根津甚八アベニュー」

一人朗読芝居のコーナーもあったような…

 

TVCM「メニコンEX」

 

 

RealKei JP】最終更新 08/10/2015 10:31

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com