スポンサーリンク

 

仲の良い女性の友人と、俳優、根津甚八氏の話しで盛り上がった。

 

Flickr : CriterionFanboy627 さん 黒沢明監督『乱』は根津甚八氏の代表作でもある

 

根津氏は、1970年代の終わり、私がちょうど5歳の時、生まれて初めて異性で良いと思った男性だ。大河ドラマ「黄金の日日」で石川五右衛門役扮する氏が、五右衛門風呂に入る(処刑という意味です)シーンでしびれてしまった。二つ上のその友人も、7歳でその五右衛門風呂の根津氏の姿を見て、惚れてしまったとのこと。

 

四十代前半女性二人は大興奮。

 

YouTubeでその動画を見つけたが、今見ると壮絶過ぎだ。でも、昔のドラマはこれだから面白かったのだ。人間の歴史や社会は綺麗ごとだけでないことが表現されていた。

 

根津甚八氏のことは、15歳くらいまで、気にかけながら、時に熱狂的になり過ごした。

 

思い出深い作品の動画を探したが、権利がやかましいらしい。中村雅俊氏と共演していたTVドラマ「誇りの報酬」や、映画『吉原炎上』などは見つからない。

 

現在、根津氏は俳優業をお休みされているようだけど、せめて動画が見られると嬉しい。

 

美しい映画です。五社英雄監督作品。

 

大河ドラマ「 黄金の日日」5歳の時にこのシーンを見て根津甚八に恋をした。

※ご覧になる際は覚悟願います。

 

TVドラマ「あまく危険な香り」

再放送で見た。カッコよすぎ。山下達郎の曲もまたいい。

 

NHKFM「ニューヨーク根津甚八アベニュー」

一人朗読芝居のコーナーもあったような…

 

TVCM「メニコンEX」

 

 

最終更新 08/10/2015 10:31

 

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。