スポンサーリンク

こんにちは、RealKei JPです。

老人を利用した、合法な、人体実験のお話しです。

四捨五入したら90歳の、よぼよぼの父親に、グレープシードオイル与えると、元気になることがわかりました。

つまりはアミノ酸摂取です。

自分もグレープシードオイルで元気になったくちなので、他の人間で、自分と同じくらい、体力のなさそうな生き物でも試してみたのです。

よそのご老体はどうだかわからないのですが、私の父の場合は、リノール酸がたっぷり含まれる油を与えると、よれよれしていたのが、急にシャキッとします。

油を与えた翌日は、皺が減っています。

びっくりします。

とある武術の師範でもあった父は、80歳になる直前まで、現役で教え子をもつ人間でした。

毎日筋トレもしていましたし、体幹はすさまじく鍛えられています。

しかし、大学卒業から80歳までは事務職で座り業務(国家資格があると長く勤められるのが世の中の仕組みらしいです)+70半ばまでは何かと自家用車移動+あまり歩かない、といった生活を、何十年も送っていたので、歩行による足腰が鍛えられていないのでしょう、新型コロナ禍で、外出が減り、すっかり、弱ってしまいました。

私のリサーチによる、独自の計算によると、男の人は、雨の日も風の日も、毎日15km歩かないと、多分、老人になってからが大変なことになると思っています。

女性は、毎日9kmです。

父は、せいぜい毎日4-5kmしか歩かなかったと思われます。少ないです。

弱った父の前に、長子の私が、登場です。

父に対しては、元気になるように、様々な工夫をしました。

母のケアで欠けている部分の補足ではありましたが、水分がたくさんとれるように、適度な塩分を与えるとか、母の作る料理に、しゃきっとする、グレープシードオイルを足したり、といったことです。

ちなみに、バターを毎日与えていたら、太っていきましたので、これはやめました。

しかし、バターは、ビタミンDを含みますので、時々は必要。

色々とやってみた結果、継続的に、しゃきっとするようになりました。

足が弱ったといえど、さすが、武術により、体幹を鍛えていた人であります。

一人で歩いて、外出もできるようになったというので、私は父の面倒から離れました。

他の家族が、私の、工夫を受け継いでくれる限りは、おそらく父は元気でいることでしょう。

伝承されればの話ではあります。

私の家族は、健常者すぎて、美味しいに注力を置きすぎで、栄養や健康に、とても無頓着なのですよ。

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。