大移動準備(旧 ミニマリスト)
ミニマリストになるための、15のレッスン【2016年上半期版】

ミニマリストになるための、15のレッスン【2016年上半期版】

スポンサーリンク   こんにちは、RealKei JPです   大人気の記事 「ミニマリストになるための、15のレッスン 」を二年ぶりに改訂しました。   2014年版も、既に私が全うしていることだっ […]
あるミニマリストの殺風景ではない部屋

あるミニマリストの殺風景ではない部屋

  私の部屋には物がある。   昔に比べたら、大幅に減り、「物がない部屋」になったのだが、ミニマリストのお部屋には何にもないと思っている人達からしたら、あれ?だと思う。   キッチンと食事の […]
私はいまだかつてマイホームを持つことを夢見たことがありません

私はいまだかつてマイホームを持つことを夢見たことがありません

  世間では、住処としてマイホーム(持ち家、マンション)を持つことは良いこと、賃貸は社会的地位が低いようだ。   私は、昔から持ち家に興味がない派。   どなたかが作った価値観は、私の夢どこ […]
ミニマリスト手始め

ミニマリスト手始め

  ミニマリスト手始めは、物よりも、広告がいっぱいの媒体からの情報を減らしてみるのはいかがでしょうか。   物を減らし少ない物で生きるには、時間とコストがうんとかかる。   でも情報を減らす […]
ミニマリスト関連記事のタグ 1-3

ミニマリスト関連記事のタグ 1-3

  「身軽に気軽に移動のできる、創造的な人生を送るためのブログ」では、ミニマリストである私の日常のちょっとしたコネタが多い。   ミニマリストの定義は、人それぞれで、私の場合は「移動の時代に向けての準 […]
J.Lo風サーモンピンクカラーのストール

J.Lo風サーモンピンクカラーのストール

  写真は、先日友人達がくれたカシミア製のストール。軽くてあたたかく、冬はもちろんのこと、真夏の冷房下でも大活躍しそうだ。季節問わずで使えるカシミアやパシュミナのふんわりとしたストールはありがたい贈り物である。 […]
ミニマリスト(最小限主義者)関連の人気記事のまとめです(01/12/2015現在)

ミニマリスト(最小限主義者)関連の人気記事のまとめです(01/12/2015現在)

  ミニマリスト(最小限主義者)の定義は人それぞれ。私の場合は「身軽に気軽に移動のできる、創造的な人生を送る」ためにそれを実践している。   このブログで人気の関連記事を集めたので、ご興味がある方はのぞいてみて […]
作家のファッション「デュラス・ルック Duras Look」

作家のファッション「デュラス・ルック Duras Look」

  『99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる』(ドミニック・ローホー著、赤松梨絵訳、講談社発行)で、著者がデュラス・ルックにふれている。   デュラスは、今年が生誕100年のフランスの作家マルグリ […]
DJ Thomash @ Bonobo

DJ Thomash @ Bonobo

  ブラジルはサンパウロのパーティ集団Voodoohopの、DJ Thomash (トーマッシュ)が千駄ヶ谷原宿のBonoboに急遽出演するというので行ってきた。   Thomashについては、cal […]
ミニマリストのためのビューティ情報

ミニマリストのためのビューティ情報

  理想のミニマリストに近づくにはまだまだな私ではあるけど、日常生活の美容製品類は最小限におさえている。   via Zé Otavio さん   過去にアップしたミニマリストに興味のある方 […]
お気に入りの傘の製造メーカー

お気に入りの傘の製造メーカー

  物を持つことに執着がないと言っても、何かを購入する時は、条件をクリアするため色々と品を見る。沢山の中からの一つを選ぶのは大変だけど、信頼できるメーカーやブランドがあると時間短縮にもよい。   美し […]
ありがとう、さようなら! 本を大放出します 〜単行本編 pt1〜

ありがとう、さようなら! 本を大放出します 〜単行本編 pt1〜

  沖縄はすでに梅雨入りをしたそうである。   関東地方が雨のシーズンに入る前に、本の片付けを終了させるため、只今大放出キャンペーンを行っている。     関連記事 ありがとう、さようなら! 本を大放 […]
ありがとう、さようなら! 本を大放出します 〜新書編〜

ありがとう、さようなら! 本を大放出します 〜新書編〜

  梅雨に入る前に、部屋をすっきりさせたいと思っている。本の整理と処分は、それは大変な作業で、何年もかかっているのだけど、一気に終わらせるため、近々で会う友達や、近所の人、地元まで来てくれる奇特な人にあげること […]
香水

香水

  香水を愛する人が男女問わず好きである。受け入れられる匂いであることが前提だけど、香りをまとうという行為自体に人間味を感じ、魅力的に感じるのだ。 via Irina Silayeva さん via Flickr 自分が […]