映画
映画リヴュー『カイロ・タイム 異邦人 Cairo Time』

映画リヴュー『カイロ・タイム 異邦人 Cairo Time』

スポンサーリンク   カナダのルバ・ナッダ(Ruba Nadda)監督の『カイロ・タイム 異邦人 Cairo Time』を見た。エジプト革命の一年半前の2009年公開。   via Spencer F […]
ジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』リヴュー

ジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』リヴュー

  ジュリア・ロバーツ主演の『食べて、祈って、恋をして Eat Pray Love』のリヴューである。   via Matthew Cook さん   離婚し、失恋した、ジュリア・ロバーツ扮 […]
映画リヴュー『El somni (夢)』

映画リヴュー『El somni (夢)』

  スペインの映像クリエイター、フランク・アルー(Franc Aleu)による『El somni (夢)』は、創造力を刺激するドキュメンタリー映画である。   via Ajuntament Barce […]
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ主演『幸せの教室 Larry Crowne』リヴュー

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ主演『幸せの教室 Larry Crowne』リヴュー

  興味の偶然に導かれ、2011年公開、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ主演の『幸せの教室 Larry Crowne』を見た。とても良い映画だった。   via Manchete Online さん […]
あり得なさそうであり得るかもしれない恋が成就するハッピーな映画達

あり得なさそうであり得るかもしれない恋が成就するハッピーな映画達

  久しぶりに、ジェニファー・ロペスの『メイド・イン・マンハッタン Maid in Manhattan』を鑑賞した。J.Loはかわいいし、シンデレラストーリーは好みなもので、この映画はお気に入り。優秀なホテルの […]
つつじの季節にふれたい泉鏡花の「外科室」

つつじの季節にふれたい泉鏡花の「外科室」

  つつじの美しい季節だ。   この時期になると、読みたくなり、観たくなる作品がある。それは、泉鏡花の『外科室』、そして、原作を忠実に映画化した坂東玉三郎監督の映画である。     via  […]
オードリー・ヘプバーンの『ティファニーで朝食を』で心をリセットする

オードリー・ヘプバーンの『ティファニーで朝食を』で心をリセットする

  出来る限りなのだが、今年に入ってから週に一本の映画を見るようにしている。日本語以外の言葉を聞きたいということや、他の理由もあって、6-7日に一度、一時間半から二時間ほど贅沢な時間をもうけている。   […]
起業希望者必見『よりよき人生Une Vie Meilleure』

起業希望者必見『よりよき人生Une Vie Meilleure』

  二週間ぶりの映画リヴューである。今回は、フランスより、セドリック・カーン監督、ギヨーム・カネ主演の『よりよき人生 Une Vie Meilleure』。       via S […]
優しき人と苦境を生き抜いた人々に脱帽の映画!『ソハの地下水道』

優しき人と苦境を生き抜いた人々に脱帽の映画!『ソハの地下水道』

  命がけで他人を守ること、苦境を生き抜くとは、こういうことだとという映画に出合った。『ソハの地下水道 (In Darkness)』、アニエスカ・ホランド監督の2011年公開作品である。   via  Joy1 […]
破滅でなく愛の話し。ヴァネッサ・パラディ主演『白い婚礼(Noce Blanche)』

破滅でなく愛の話し。ヴァネッサ・パラディ主演『白い婚礼(Noce Blanche)』

  また、切ない映画を観た。 ジャン・クロード・ブリソー監督、ヴァネッサ・パラディ、ブルーノ・クレメル主演、『白い婚礼(Noce Blanche)』。1989年の作品である。   Flickr :  José […]
週に一本の映画を観る三つの理由

週に一本の映画を観る三つの理由

  映画を観ることが好きである。   via Lua17 さん via Flickr   Nuovo Cinema Paradiso 好みで言うと、ひっそりと上映されている作品がよい。好きな監督は、スパイク・リー、ヌーヴ […]
ベルリンの壁の崩壊から25年。『東ベルリンから来た女 Barbara』を観ました

ベルリンの壁の崩壊から25年。『東ベルリンから来た女 Barbara』を観ました

  今年は、ベルリンの壁の崩壊から25年である。「世の中が大きく変わる」ということを、高校生なりに新聞やTVごしに、強く感じた、生まれて初めての出来事だ。それまで、自分にとってのドイツとは、西ドイツのことであり […]
フランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬る』

フランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬る』

  フランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬る』は、静かで哀しい映画だった。仏原題は『Le Temps qui reste』、英タイトルは『Time to Leave』、邦題の「葬る」は「おくる」と読む。2005年の […]
日常こそドラマ。オドレイ・トトゥ主演『ナタリー(La délicatesse)』

日常こそドラマ。オドレイ・トトゥ主演『ナタリー(La délicatesse)』

  ダヴィド・フェンキノス 監督、オドレイ・トトゥ主演の『ナタリー(La délicatesse)』を観た。 via Bibliotheque_Gymnase_Morges さん via Flickr   突然の交通事故 […]
なんと耽美な映画でしょう『パフューム ある人殺しの物語』

なんと耽美な映画でしょう『パフューム ある人殺しの物語』

  ずっと見逃していた映画を観た。『パフューム ある人殺しの物語(Perfume: The Story of a Murderer)』、ドイツの作家、パトリック・ジュースキントの『香水―ある人殺しの物語 (文春 […]
クスクスと笑える感動の映画『ニューヨーク、恋人たちの2日間(2 Days in New York)』

クスクスと笑える感動の映画『ニューヨーク、恋人たちの2日間(2 Days in New York)』

  クリス・ロックが出ているというので、『ニューヨーク、恋人たちの2日間(2 Days in New York)』を観た。笑えて感動できた一本だった。彼が出演する映画はたいてい可笑しいから、期待してたのだけど、 […]
ハンガリーの美しい映画『The Door』

ハンガリーの美しい映画『The Door』

  美しく素晴らしく文学的な映画を観た。   ハンガリーの作家、サボー・マグダの1987年の刊行本が原作、イシュトヴァン・サボー監督の『家政婦の秘密』である。邦題は、原題『The Door』の通り『扉 […]
都会でがんばっている人におすすめの映画『クロワッサンで朝食を』

都会でがんばっている人におすすめの映画『クロワッサンで朝食を』

  この週末は、イルマル・ラーグ監督、ジャンヌ・モロー主演の『クロワッサンで朝食を』を観た。   映画『クロワッサンで朝食を』予告編   あらすじについては、オフィシャルサイトをご確認いただ […]
ハル・ベリー主演『代理人(Losing Isaiah)』

ハル・ベリー主演『代理人(Losing Isaiah)』

  ハル・ベリーが出演した、1995年の作品『代理人(Losing Isaiah)』を観た。   夫と、ティーンエイジャーの娘がいるソーシャルワーカーの、コーカサス系のマーガレット(ジェシカ・ラング) […]
涙を流してすっきり

涙を流してすっきり

  キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット主演の『ホリデイ』という映画がある。アメリカの西海岸で会社経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)と、イギリスに住むアイリス(ケイト・ウィンスレット)が、家の交換 […]
Tyler Perry監督、Janet Jackson主演『最強の夫婦』

Tyler Perry監督、Janet Jackson主演『最強の夫婦』

  映画や小説にふれると人生の類似体験ができると思っている。やることが沢山あったとしても、自分のことを一旦忘れる時間を作るためにも、人の心を追うためにも、映画だけは週一本は観ようと元旦に決めた。     今年に […]
美味しい映画は人生を楽しくする

美味しい映画は人生を楽しくする

  何ヶ月かぶりで映画を観た。   via MOVIES FOREVER さん   ダニエル・コーエン監督、ジャン・レノ、ミカエル・ユン主演の『シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜 […]