出張 / 旅(新Navi)
シニア世代(親)向けの航空チケットの存在を知りました

シニア世代(親)向けの航空チケットの存在を知りました

スポンサーリンク   こんにちは、RealKei JPです。   私の両親は九州出身の人間です。両家ともに九州在住の親戚が多く、二人は、法事や急な葬儀、時々同窓会で年に何度か帰っています。   […]
海外旅行の荷物にホットカーラーを入れるか入れないか

海外旅行の荷物にホットカーラーを入れるか入れないか

  Hair Curlers : Beyoncé     台湾の旅に出る知り合いから、ホットカーラーはどうしているかと尋ねられた。   私は、持って行くとしたら、自宅で使用している […]
旅から戻ったその日にやることのリスト

旅から戻ったその日にやることのリスト

  これまで、旅の準備については綴ったことがあるけど、旅から戻ったその日にやることは書いたことがありませんでしたので、リストを載せます。     1. シャワーをさっと浴びる。 2. 玄関で […]
罪悪感を感じずに休暇をとって、旅に出るたった一つの方法

罪悪感を感じずに休暇をとって、旅に出るたった一つの方法

  9月末までに夏休みを消化するという企業は多いと思いますが、取らない人も大勢いることでしょう。   もったいない! 取らないのはなぜ?   会社は勤め先であって、あなたのものではないのに! […]
あるミニマリストの疑問「「チューブ入りの万能練り石けん」とは何でしょうか?」

あるミニマリストの疑問「「チューブ入りの万能練り石けん」とは何でしょうか?」

    Flickr : Carol Murray     何年も探している物がある。   それは、フランス人文筆家ドミニック・ローホー著『シンプルに生きる 変哲のないも […]
神奈川県川崎市の新しいホテル「ON THE MARKS(オン・ザ・マークス)」

神奈川県川崎市の新しいホテル「ON THE MARKS(オン・ザ・マークス)」

  via cookbiz   神奈川の川崎駅の近くにON THE MARKS(オン・ザ・マークス) というホテルがオープンするそうだ。   サイトを見たところ部屋はこじんまりのようだけど、 […]
あるミニマリストの海外一人旅の準備のリスト(航空チケット、ホテル、保険など)

あるミニマリストの海外一人旅の準備のリスト(航空チケット、ホテル、保険など)

  外国へ旅する時、準備のリストがあると割とすぐに用意が終わる。   持ちものに関しては過去の投稿をどうぞ。私が女なので、女性の旅の用意のヒントになるかもしれない。 手荷物一つで海外を旅するための必需 […]
江戸五色不動の旅 目黄不動(江戸川区平井 最勝寺)【備忘録】

江戸五色不動の旅 目黄不動(江戸川区平井 最勝寺)【備忘録】

  夏の思い出作りということではなく、れっきとした理由があり、江戸の五色不動巡りをしてきた。   江戸五色不動に関しては、東京紅團 「江戸五色不動」 、猫の足あとに詳しい。   ブログでは備 […]
女性の旅の荷物をコンパクトに変える3つの方法

女性の旅の荷物をコンパクトに変える3つの方法

    このブログでは、相変わらず、手荷物一つで海外を旅するための必需品 、手荷物一つで旅するための衣類とバッグ 、リュックサック一つで国内一泊の旅  へのアクセスが多い。   身軽な旅を望 […]
海外旅行用ガイドブックを購入したら、ミーナ・ホランド著『食べる世界地図』を読んでみましょう!旅がよりワクワクするかも!

海外旅行用ガイドブックを購入したら、ミーナ・ホランド著『食べる世界地図』を読んでみましょう!旅がよりワクワクするかも!

  ミーナ・ホランド著、清水由貴訳『食べる世界地図』(原題:The Edible Atlas – Around the World in Thirty-Nine Cuisines)は、ロンドンっ子、 […]
西本願寺御影堂瓦てぬぐい

西本願寺御影堂瓦てぬぐい

  先日訪れた長崎では、プライヴェートの時間も作り、先祖へのお参りもしてきた。   なんと十年ぶりだ…。   関連記事 自分のルーツは九州だと感じる日常のこと まだあった!自分のルーツは九州 […]
リュックサック一つで国内一泊の旅【追記あり】

リュックサック一つで国内一泊の旅【追記あり】

  先日、仕事の用事で長崎に訪れた。一泊ということもあり、リュックサック一つで旅立った。   何を持って行ったかを語る前に、まずは出で立ちの説明を。   - コットンパンツ >> […]
長崎限定 “恋する香り”「マダム・バタフライ」のハンドクリーム

長崎限定 “恋する香り”「マダム・バタフライ」のハンドクリーム

写真のハンドクリームは、先日用事で訪れた長崎で購入した「マダム・バタフライ」シリーズのハンドクリーム。 長崎を舞台にしたオペラ『蝶々夫人』をモチーフに、資生堂と一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会とが共同開発した製 […]
はとバスに乗って東京観光

はとバスに乗って東京観光

  東京で生まれ育ったが、山手線の内側で暮らしたことがなく、縁があるのは23区の西側ということも関係し、真の東京を実は知らないということに近年になった気がついた。   特に下町エリアの有名所は知って見 […]
京都東山にて【日記】

京都東山にて【日記】

  先達て、日帰りで京都に行った。   10年ぶりの京都は、建物や道路に変化を感じたけど、日本の都の空気を吸っているだけで幸せな気持になる。   京都訪問の最大の目的である用事の後は、少しの […]
ベルリン出張2015春夏6-6「ベルリンのバウムクーヘン Konditorei Rabien」

ベルリン出張2015春夏6-6「ベルリンのバウムクーヘン Konditorei Rabien」

現地での最終日前日に日本の妹からメールが入った。 「私が住んでいた家のすぐ近所のバウムクーヘン屋に行ってみた?」 彼女は、ユーロ以前のマルクの時代にベルリンに一年住んでいたことがあった。帰国時、ホームステイ先がお土産で持 […]
ベルリン出張2015春夏5-6「飛行機内では特別機内食をいただく」

ベルリン出張2015春夏5-6「飛行機内では特別機内食をいただく」

航空会社では、健康を維持するためだとか、宗教上食べて良い食材を使った特別機内食を用意している。     私は健康上の理由により普段から哺乳類の肉を食べない生活を送っているので、こういった特別食を予めお願いしていただく。 […]
ベルリン出張2015春夏4-6「ベルリンでもsimカードを使ってタブレットを利用する」

ベルリン出張2015春夏4-6「ベルリンでもsimカードを使ってタブレットを利用する」

出張に行く少し前から、いよいよ脱iPhoneをするための準備を整えている。かれこれ8年も使っているガラケーとタブレットと小さなiPodで過ごすということに慣れていこうという試みだ。 充電が長持ちするガラケーと、両手でタイ […]
ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」

ベルリン出張2015春夏3-6「クロイツベルクのフェス」

今回のベルリン訪問は5月1日のメイデイと重なり、クロイスベルクのフェスを見物することができた。 クロイスベルクは縁のあるエリアで友人や知人が住む。暗さと未来への明るさが同居し、なんだかワクワクする場所だ。 メイデイ当日は […]
ベルリン出張2015春夏2-6「日本の美容院の洗髪は最高!」

ベルリン出張2015春夏2-6「日本の美容院の洗髪は最高!」

海外の旅先では、水事情に恵まれていないということもあるので、美容院でシャンプーすることがある。 シャワーがとまらないか心配したり(ドイツではないが過去に海外で経験あり)、弱い水圧にイライラするのを避けたり、会う相手に失礼 […]
ベルリン出張2015春夏1-6「旅の持ち物とコナカのシャワークリーンスーツ」

ベルリン出張2015春夏1-6「旅の持ち物とコナカのシャワークリーンスーツ」

  仕事でドイツのベルリンへ行ってきた。   二年ぶり三度目のこの土地への訪問。新緑の美しい季節に訪れるのは初めてのことだ。         思ったこと、気がついたことで、ブログに書けることを備忘録として六回に […]
最小限の物で旅をし、最大限の楽しさと喜びを知る

最小限の物で旅をし、最大限の楽しさと喜びを知る

  “ かくいう私も、服も、本も、CDも、山ほど持っていた時がありました。しかし、旅する機会が増えたある日、ふと思ったのです。「私は、一年の大半を、このトランクひとつで飛び回っている、ということは、ここに入って […]
小麦色の肌の猛省

小麦色の肌の猛省

  日本では、着物の時代の名残なのか、女性は色白であるべきという風潮がある。私も、ある時までは、日に当たると湿疹も出るし、母親が色白は七難隠すと言い続けるので(!)、色白が良いと思っていたのだけど、野外でのBB […]
手荷物一つで旅するための衣類とバッグ

手荷物一つで旅するための衣類とバッグ

  次回の西欧出張に向けて、持って行く物を意識して生活していこうと思う。機内に持ち込みできる荷物一つで行くつもりであるから、アイテムは少ない。エコノミーで、身の回り品も入れて、8kg-12kg。工夫は必要である […]
手荷物一つで海外を旅するための必需品

手荷物一つで海外を旅するための必需品

  昔、TVで役者の加賀まりこが「必要な物は現地で調達すれば良いから、外国にはお財布とパスポートだけで行ける」と言っていた。大御所の女優さんは優雅が似合う。     自分は旅の達人とは思っていないけど […]