スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

今寛解して元気だからこそ振り返ることのできる、一年前の入院生活。病院での手記をブログに公開します。

 

==========

 

入院前日までの体調の様子はこちらでどうぞ。

 

「潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)」をブログで始めます

 

「潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)」の前に。発症・寛解してから再燃するまでの29年の話し。

 

45日病院生活前半は、Moleskine Plain Reporter Notebook Pocket(モレスキンリポーターノート)を利用し、アファメーション的なつぶやきとちょっとしたメモをとっています。

 

==========

Day 21 04212016 Thu

 

(メモなし。緊急事態発生)

 

 

朝食 07:50

 

昼食 11:44

 

夕食  17:53

 

薬は、メサラジン500mg朝夕2錠以外に、4種9錠に変わる。

点滴は、5種

==========

現在の振り返り

この日のことは鮮明に覚えているのですが、前日から調子が良いこともあり、インターネット接続をしました。

接続したと同時に、「プリンス急逝」のニュースが飛び込んできました。

動揺しましたし、涙が止まらなくなってしまいました。私はアフリカ系アメリカ人音楽の愛好者なのです。

泣き止んだくらいに主治医が病室に来て、数値が良いから退院が近いかもしれないと告げられます。

勢いで「プリンスが亡くなってショック」と先生に伝えたところ、私よりも一回り上の年代のドンピシャ世代なはずですが、「プリンス、誰? シラナイ。それより、そんな刺激のあるニュースを見ちゃだめだよー。お腹に絶対によくない」とのこと。

プリンスを知らないことにも衝撃を受け、また、勝手にニュースが飛び込んできたとは言えませんでした。

そして、直後から急激に容態が悪くなります。

少しだけお腹が落ち着いていたのに、またお手洗い駆け込み。

記録も残せていないので相当のものだったようです。

ここからまた長い旅が始まります。

病人には刺激のある情報は禁物、これだけは断言できます。

そんな中でも、病院食のおかずは毎日完食していたことは忘れません。

==========

 

関連投稿

入院中、患者さんとその家族の間で争いが起きないために書きました。

入院生活を快適にするためのグッズのリスト

入院生活を快適にするためのグッズを揃える時のポイント

 

潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。