スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

今寛解して元気だからこそ振り返ることのできる、一年前の入院生活。病院での手記をブログに公開します。

 

入院21日目にプリンスが急逝し、落ち着いていた数値や症状が、そのニュースを知った直後に急変し、翌日22日目には転院となります。

 

入院生活が後半に入りました。

 

後半はかなり具体的な症状を書いているので美しい話しではないことを先にお伝えしておきます。

 

==========

 

入院前日までの体調の様子はこちらでどうぞ。

 

「潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)」をブログで始めます

 

「潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)」の前に。発症・寛解してから再燃するまでの29年の話し。

 

==========

Day 35 05052016 Thu

 

03:00

お小水、普通の出し物。おヘソ下イタム。

06:30-07:30

Get up。

08:10-08:30

Breakfast。

09:00

研修医の可愛い女性の先生が回診。今日は祭日なのに…、と言うと、「仕事好きなんです〜」と言っておられました。

メディスン。

11:00

お小水、普通の出し物。

事件発生。病室に戻るところで、足がヨロヨロ座り立てなくなる……。

12:15

Lunch。

14:00

母visit。

17:00

お小水。

18:17

ディナー。シェフのメッセージに感動しました。

 

==========

現在の振り返り

朝は貧血が関係しているのか、目覚めが悪いようです。

そしてとうとう転倒をやってしまいました。

寝込んでいる期間が長かったこと、強い薬、この二つが関係して、いよいよ筋力が低下してきた現れでもあります。

お手洗いから病室に戻るところ、足が絡まり、転倒というかたちになりました。

とっさに正座の態勢になったのですが、立とうと思っても立てない。

手すりのあるところでその状態になったのですが、手すりに捕まっても立てません。

祭日で職員も少なく、廊下には誰もいない。

途方に暮れていたら、たまたま同じフロアの病室の方の面会の方が発見してくれて立たせてくれました。

見送り最中の患者さんが、大急ぎで看護師さんを呼んでくださって、怪我がないことも確認し、事態は終わり。

と思いきや、そうではありませんでした。

この後は、どこに行くのでもナースコールを鳴らすこと、自分での食器の片付けが禁止になりました。

100メートルくらい歩いた時点で息切れしてフラフラになっていたので、それは自覚し病院内のどこに行くのでも、職員の方にお願いして車椅子で移動していたのですが、数十メートル先のお手洗いもシャワー室も一人はだめ。

また、食後、廊下にある食事の配膳車まで食器の片付けに行くと、他の患者さん達がどんな物を食べていたかプレートで確認することができ、私の病院生活での楽しみの一つは、それを見てイマジネーションを働かせることでしたが、それができなくなりました。

治療のために入院しているのに、そこで大怪我をしたら本末転倒ですから、仕方がありません。

転院する前の主治医にも予告されていたのですが、寝込んでいると筋肉がどんどん退化し、転倒して事故になることがあるし、退院後も何ヶ月もその状態が続くからよっぽど気をつけないといけないと。

はいはいと言いながら、心の中では「そんなのウソ!」と思っていたのですが、すみません、先生のおっしゃる通りだったと、手すりに捕まってどんなに力を振り絞っても立てない最中に思いました。

自宅療養を含めた寝込む前の私の日課は、毎日筋トレを組み込み筋肉量は30代前半レヴェルでした。さすがに二ヶ月以上寝たきり生活が続くと、こうなるんだなあと痛感しました。

この日の夕食は、「子供の日なので、できる限りの条件で料理をしました」という内容のメッセージが入っており、私の食事には縁起の良いお麩が入っていました。

昼間の転倒騒ぎでの自分の情けなさ、家に子供を残して入院している患者さんたち、病院の料理をしてくれている人たちの配慮、色々を思ったら涙が止まらなくなってしまいました。

 

==========

 

関連投稿

 

入院中、患者さんとその家族の間で争いが起きないために書きました。

入院生活を快適にするためのグッズのリスト

入院生活を快適にするためのグッズを揃える時のポイント

 

この 潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮) シリーズの本当の目的

寛解して元気なのに、わざわざ過去の出来事「潰瘍性大腸炎45日の闘病入院生活日記(仮)」をアップしている理由

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。