スポンサーリンク

 

年末にFacebookの本名での利用やめ、元々管理していた多数のFacebookページの利用だけに切り替えた。

 

正確に言うと、ページを管理するだけのために、新たに本名アカウントを作り、誰ともつながらない方法をとっている。

 

やめる際は、3ヶ月半かけて、FBフレンド一人ひとりにメッセージを送ってご挨拶ということを行った。その前にやめます宣言をしたけど、「宣言なんかしないでほっとけばよいじゃない」という人達もずいぶんいた。

 

そのやり方も考えた。でも、わざわざやめますと言わないと、向こうが連絡したと思っているお知らせを逃すことにもなる。例えば、メッセージでの連絡とか、重要なイヴェントのお知らせなどだ。

 

私の回りは、ミュージシャンやDJ、イヴェント主催者を職業にしている人が多く、毎日毎日、そのお知らせが、多方面から、国内外から届く。

 

Facebook 5 day Black and White challenge Metal Mono statue

via James Bennett さん

 

さて、Facebook本名での利用をやめてみて約4週間。

 

メリットは、予想通り、というか、予定通り、時間の節約ができている。

 

2013年の春くらいから、Facebookページの投稿だけを見て、フレンドの投稿はほとんどチェックしないようにしていたから、その部分では問題ない。

 

必要な連絡が、メールかskypeで届く。人からはLineを使えば何でも円滑にいくのではということも言われるが、時間に余裕ができたら検討したいと思う。

 

それよりも、こういうことをイチイチ考えなくてよくなるのが何よりいい。

 

退会してから、ある日本のミュージシャンからライヴのお知らせをメールでいただいた。

 

この方は「ていねいな生活」をされているという印象があるのだけど、ライヴの告知も、もちろんSNSでも、そして電子郵便であるEメールを利用し、お知らせする。

 

たとえBCCでも、個人的に知っているわけだから、確実に読むし、今回はライヴには行けないけど「次回は必ず行きます」という気持になる。

 

私はていねいな人を見習いたい。

 

デメリットは今のところ感じずだ。

 

ただ「この人が、あの人と付き合いがあるから価値がある」と判断する人や企業もあるから、初めて私と仕事をする人は、事前にFacebookで確認をとりたいかもしれない。

 

また、友人知人とは、その人のオフィシャルな顔、それがインターネット用の名前だったとしても、Facebookページでつながれるといいなとは思う。

 

ページは、社会へのメッセージがあり、仕事で役立てたいということだから、共感できることに関してはそうしたい。ページ同士でも「いいね」はできるんですよ。

 

加えて、そこには私が苦手とする、人様にとっては可愛いくて仕方のない我が子の全裸の写真とか、右、左、ともに、政治思想の投稿もない。

 

ページは気持がよい。

 

Facebookの本名アカウントでの利用をやめることで、命に関わることもありません。

 

 

関連記事

タグ Facebook退会

 

 

 

最終更新 08/12/2015 16:37

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。