スポンサーリンク

 

先日、急性胃炎になってしまったのだけど、それ以来、食事方法は「M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」」である。

 

今回のことは、私がUCもちというベースがあるのにも関わらず、自分にとっての食事の不摂生(多くの人にとっては不摂生にはあたらないと思う)、それに至る心のありようが関係していると思う。

 

自分の身の丈にあった食事をし、急性の病気にかからないようにする必要がある。

 

「M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」」は、このブログでは何度も取り上げた。

 

完璧にやっていれば、私の場合だが、最もUCの症状が出づらく、最も体の調子が良い。あと、体が筋肉質になってくる。

 

繰り返し言うが、私の場合である。

 

20年前に比べれば、この食事方法はやりやすい。

 

人々が健康志向になったし、糖質を抜いたダイエットも認知された。

 

巷で、グリーンカクテルとか野菜スムージーとか言われるようなものも、飲んでいて変人扱いはされない。

 

また、無添加やオーガニック製品、野菜や西洋ハーブの数も驚くほど増えた。

 

でも、20年前に知ったこの食事方法で現在も実践していることは、毎日小松菜をたくさん食べること、自宅では米を食べなくなったこと、くらいか。

 

世の中は美味しい物がたくさん。食べないと決めている食材も多くあるが、UCの症状が出ない時は色々食べてしまうのだ。

 

時々ワインも飲む。

 

塩抜きデトックスなるものも年に一度行う。

 

「M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」」は、そういうことが禁止。

 

今回の急性胃炎は本当に苦しかった。

 

UCの症状が出ず、調子が良いと感じるならば、この食事方法をしばらくやってみる価値はあるだろう。

 

また、肉体改造を必要としている私には良いだろう。

 

外食する場合は、悩ましいことだが、これに最も近い方法をとるのみかな。

 

M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」を真面目に再開しよう!20年ぶりだ! 

 

食事の提唱者であるM先生は、べに花油をすすめているが、私はエクストラヴァージンオリーヴオイルを。肉を食べるなら牛肉をと言っているけど、私は哺乳類肉を食べないので鳥類をいただく。また食事をする時は、タンパク質→その他、という順番でいただきます。

 

この食事方法に興味のある方は、過去の関連投稿をどうぞ。

M式食事療法(三木療法)と原始人食

世にも美味しいグリーンカクテルを頂きながら自分の健康法を考える

 

 

M式(三木式)療法「世にも美しいダイエット」小松菜

 

 

ブロガー、選書家、トランスクリプショニスト、書籍企画編集 / Plenitude Interactions LLC / 元音楽レーベル&出版社勤め / ミニマリスト / 在宅・ノマドワーカー / 女性 / 潰瘍性大腸炎(IBD)歴29年 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。