スポンサーリンク

 

シリーズものの投稿です。

私が再び始めたM式食事法について pt1 -スタートの理由-

私が再び始めたM式食事法について pt2 -身体的特徴-

私が再び始めたM式食事法について pt3 – M式食事法7つのルール –

 

= = = = =

 

次に、私の健康のベースである。身体的特徴だ。

 

親族の健康状態は、UCと関係があるのだろうか。

 

私の母は27年前に子宮と卵巣癌で全摘出ということをしている。また、母方の祖母は重度のリウマチだった。母もリウマチ特有の、指の関節にゴツゴツが年々ひどくなっている。

 

リウマチは女系に続くと聞いたことがある。

 

また、母曰く、四つ下の妹と比べると相当体の弱い子どもだったそうだ。発熱の頻度もやたらと多かったと言うし、3-4歳でアトピーとも言われたし、それ故に肌の感染症にかかることが多かった。アトピーは、大人になる頃には、疲れが出た時だけでる程度になった。

 

かかりつけの鍼灸家によると、アトピーと潰瘍性大腸炎は血の巡りが似たような傾向があるらしい。

 

加えて、これも幼少時からの特徴だが、匂い、光、音にとても敏感。敏感ではない人から言うと「異常」なのだそうだ。時々、それらに鈍感な人と過ごすととても息苦しくなることもある。

 

胃痛は小学校4-5年からだ。そして13歳で胃潰瘍になった。色々に過敏だったのかもしれない。

 

もちろん、匂い、光、音に敏感であることは、人生に良い事ももたらしてくれた。

 

近年になりUCと歯並びの関係も言われ始めた。

 

私の歯並びは、一見わからないが、よろしくなかった。

 

子どもの頃、大学病院の歯科矯正にも行っていたけど「上顎を削る」と言われ母は驚き、やめた。しかし、成人後、色んな歯医者で診てもらったがどこの歯科医でも同じ答え。私も骨を削るのはやっぱりイヤだと、スルーした。

 

しかし、歯並びが「標本みたい」と歯科で言われるくらいよく、入れ歯も一本もなく、大病をまったくしたことのない80近くの父を見ていると、噛み合わせと健康は関係があるのではないかと思った。

 

かかりつけの噛み合わせ専門の歯科医も、経験上、この病気の人はこういう噛み合わせになっているとか、その逆の事例が頭にたくさんインプットされているという。

 

というわけで、最近一大決心をし、上顎は削らずに歯科矯正を始めた。詳細は、こちらをどうぞ。四十代の歯科矯正

 

その他の特徴としては、数年前に比べると驚異的によくなったのだが、股関節に痛みがある。会社員をやめて肉体的な体の負担をなくしたこと、鍼灸治療に専念したことが大きく、片足を引きずって歩く事もなくなり、ジョギングやヨガができるくらいまでになった。

 

M式食事法は、故 宮本美智子さんの「世にも美しいダイエット」シリーズに詳しいが、『世にも美しいダイエット カラダ革命の本』では、M先生が、一般人にも非常に分かりやすく、学術的なこと、聖書の話し、自らの人体実験の話しをしていた。

 

癌や膠原病や糖尿病やアトピーの原因は離乳食で食べた穀物であるとか、小麦が離乳食である欧米人が医学のベース(当時)と、理解した。

 

日本で生まれたマクロビオティックがアメリカで爆発的に人気になったのは、小麦が離乳食だった人達が実践したからだろう。「M先生」が言っていたことが納得できる。

 

私も一時実践したことがあるけど、バツ。食後二時間以内に、貧血ではないがエネルギーが切れたような状態になり冷や汗をかく。玄米はいかん(私は)。

 

同じUC疾患の人がどんな特徴をもっているのかはわからないが、私はこんな特徴がある。

 

また、何年も前に哺乳類肉をやめた。これにより腹痛が激減した。食べない肉の選別は、以下のダダモ博士の書物を参考とした。
 

 

鍼灸治療は平均すると月に3-4回通い、漢方は5月から飲み始めている。

鍼灸

長い間薬を飲むのを避けていた私が漢方薬を飲み始める

 

シリーズものの投稿

私が再び始めたM式食事法について pt1 -スタートの理由-

私が再び始めたM式食事法について pt2 -身体的特徴-

私が再び始めたM式食事法について pt3 – M式食事法7つのルール –

 

 

最終更新 06/02/2017 12:00

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、自由業リモート職・時々外出(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 放送大学学生 / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 哺乳類肉と米と砂糖とお酒は以前にやめた / バターの1日の消費量は100g / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (05/27/2018 最終更新)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。