スポンサーリンク

2011年3月以降、初夏から秋の始まりまではマスクをしていることが多い。一年の七ヶ月くらいは顔を覆っているというわけである。マスクをとる直前までは、グロスをつけることがないから、それまでは、一ヶ月半に一度は百貨店の化粧品売り場へ行っていたものだけど、すっかり口紅類にお金をかけることがなくなった。でも、そろそろ夏が始まるから、リップ類を気にしておきたい。

 

と言っても、買うメーカーは、MACなんですけどね。

 

Radiant Orchid_Makeup_9

Flickr

 

MACが取り扱う、微妙な色は、日本のメーカーにはないし、他の海外ブランドとも何かが違う。色々な会社の物を試したけど、この十年は、口紅類だけはMACに落ち着いている。IMANも良かったけど、アメリカ圏に行かないとないこと(今はネットで購入できるはずだが)、ブラ◯◯が営む都内の海外化粧品を扱う雑貨店が閉店となり、なかなか購入が困難となってしまっていたので、気軽に購入できるMACが自分の中でのポピュラー・ブランドとなっていった。基礎化粧品は、極力、無添加、オーガニック、手作りだが、色ものはそんなに気にしません。

 

ちなみに、IMANとは、元祖スーパーモデルのイマンのコスメティックブランド。イマンは、デイヴィッド・ボウイと結婚している。The Beauty of Color: The Ultimate Beauty Guide for Skin of Colorは良い本だ。


Iman 元祖スーパーモデル

ブラ◯◯ は、日本語ラップが比較的一般的になる頃には、中身を変えて、シスター系→B系に変化していく女性の種類。しかし、ブラ◯◯は日本人男性は受け付けませんので、シスター系やB系ともまた少し意味合いが変わります。何となく雰囲気はわかるだろう書物 『Sista!(シスター)』。あの藤代冥砂も著者の一人。

 

MAC、正式には、MAC コスメティックスは、カナダ初の、プロ使用、そして、80年代終わりから90年代初頭のスーパーモデルブームで広がったともいえる世界ブランド。購入しやすい値段と、音楽とリンクし、社会的貢献を積極的にやっていこうというところが魅力的である。国内外問わず、ショップの店員は高飛車であるが、それもまた素敵。
LIL' KIM AND MARY J BLIGE MAC VIVA GLAM

Flickr

 

MACの口紅の花形は、Viva Gramで押し出すアイテム達なのだが、現在はリアーナが広告塔をつとめる。何をやってもかわいい彼女だけど、強気なところもこのViva Gramに合っている。

 

MAC ビバ グラム – リアーナ撮影現場の舞台裏(日本語字幕)

 

自分の場合は、また花形からそれて、プラッシュガラスという、ジミーな色のグロスを買ってしまう。このグロスを使ったことがある人ならわかると思うけど、唐辛子成分で唇が若干熱くなるところが病み付きになるのだ。新色があまり出ないのが、玉に瑕だが、自分には定番。でも地味色が存在し続けているということは、私のような人達が大勢いるのだろう。使ったことがない人でも、ヌーディな色に何かプラスアルファと考えている人にはいいかもしれない。

 

そろそろ、マスクをしていると汗をかくようになってきたので、顔の衣替えとともに、新しいプラッシュガラスを買いに行きます。

 

MACコスメティック/公式 http://www.maccosmetics.co.jp/

 

 

最終更新 07/08/2015 00:07

 

 

 
ブログに関するお知らせ

健康情報、本情報、ミニマリスト論を三本柱としたブログです。2019年4月から9月まで、仕事でも労働でもないことで多忙になるため、ブログの更新が不定期となります。最新の投稿が最新の生き方や考え方のスタイルです。

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。現在は、長期に渡って、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事を行っております。よろしくお願いいたします。