スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

東京国立近代美術館で開催中のMOMATコレクションを鑑賞。私が訪れたのは9月12日(火)〜11月5日(日)の期間です。

 

 

東山魁夷特集もやっていました。

 

東山魁夷は名前だけは知っている程度の人だったのですが、良くも悪くも情報がないので、作品の一つに素直に感動してしまった…。

 

感動するアートは、その場を去っても引き返してしまいます。

 

それがその作品です。

 

東山魁夷 HIGASHIYAMA, Kaii 1960年の「青響」(Green Echoes)

 

写真撮影OKな空間だったので、心打たれた作品はiPhoneカメラに記録しました。

 

記念撮影は控えましたが、2015年に亡くなった中平卓馬 NAKAHIRA, Takumaの写真の展示もありました。

 

 

以下、多くの展示で私が良いと思った作家と作品。

 

ロバート・ドローネ Robert Delaunay「リズム 螺旋」(Rhythm Spiral)1935年

 

 

 

東京国立近代美術館によるロバート・スミッソンRobert Smithson の作品一覧。大きい!

 

 

いかに大きい印刷物であるかは東京国立近代美術館の公式Twitterの写真がわかりやすいです。

 

 

出光真子 IDEMITSU, Mako「Make Up」1978

 

映像作品です。

 

 

鷲見和紀郎 SUMI, Wakiro「Work M-5 対岸」(Work M-5 Opposite Shore)1986

 

 

 

素晴らしい出合いがたくさんありました。

 

この夏、持病である潰瘍性大腸炎の合併症である強膜炎と診断されてから(現在は漢方で落ち着いている)、外出できる元気がある時は色々見て歩きたいという欲望が高まった上に、Kindle版 叶精作 著 イラスト 小池一夫 著「オークション・ハウス」を全巻読破し、歴史にも科学にも詳しい主人公柳宗厳カッコイイ!と思ったこと、10月から学生になったことで勉強のため博物館や美術館通いを身近にせざるを得ないことで、行動的になっている私です。

 

ナルコレプシーの眠気の症状は時々ありますが、お腹と目が平和だからできることです…。

 

過去の若い頃の大学生時代の行動(美術館とギャラリー巡りが普通のことだったので)の焼き直しができるという喜びもあります。

 

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。