スポンサーリンク

 

2014年9月29日月曜日の放送分から、NHKラジオのいくつかの語学講座の下期が始まる。

 

極力毎日、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、中国語を聞いている。でも、何かをやりながらだし、その「何か」の作業も遅くなり講座も聞き流してしまう(当たり前である)。ずっとストレスになっていて、なんとかしないとと考えていたので、この区切りの良いこの下期からテキストを見ながら集中、只今スケジュールを組んでいるところである。フランス語だけは、春から別途で合間をぬって文法の勉強をやっていたのだが、8月末に生活が数日ダラけて以来やっていない…。

 

一度に何故こんな多数の言語をというと、いくつか理由がある。以前にも書いているのだけど、改めて整理して書きます。

 

Zine Study XIV: [language]via Shawn Econo さん

 

現地の人に歓迎されるため

英語が万国共通語と思ったらそうでもない場所がある。辞引きを引いていると時間がかかるから、英語が通じない人とは、イラストでコミュニケーションをとる。時に「ここは英語圏の場所でない!なぜ英語で話そうとして、このエリアの言葉を話さないのか」と言っているような態度をとられることもある。実際何を言っているのかわからないが。現地の知り合いの関係者だったら、笑いながら言われるけど、見ず知らずの人だとちょっと気まずいこともある。でも、たいていは「英語話せる人いる〜?」などと周りの人に声をかけてくれるからことはおさまる。

たしかに、日本の外を出れば、英語が使えると大丈夫な場面も多い。しかし、英語が第一言語でない国でそれが通用するだろうという考えは非常に甘いし、傲慢そのものである。反省。

会話の途中で英語に切り替わってもよいので、出だしだけでも、そのエリアの言語が口にできたら、相手は一生懸命だということはわかってくれるはずで、印象はとてもよいはずだ。

 

 

日本の外を出たら母国語と英語とその他の言語を使えることは特別ではない

日本では英語がある程度できるとスゴいことになるらしい。子どもの頃からネイティヴ英語にふれる環境にいなかった人以外は、相当な努力しているからやっぱりスゴいのかもしれない。努力とは「一に時間、二に時間、三、四がなくて五にお金」くらい、時間をかけ、続けた者勝ちであるということは私もよくわかっている。でも、他所の国で必要にせまられている人は、母国語と英語と他の言語も話す。受けた教育レヴェルが高ければ尚更である。

かといって、語学ができるからと言って、学歴が高いとも言えないし、教養があるとか、知的であるということは全く関係ないと思う。なぜなら語学は手段だからである。生きるための道具。

用事があって訪れたドイツでは、英語を話すホームレスの人達を見た。彼らは英語かドイツ語で施しを乞う。ある時に見た、移民であろうその人は、同じ言語を話すホームレスではない人達に何か言われて、その場を去るのだけど、彼が三ヶ国語話すことを確認した。ホームレスも三ヶ国語。これがグローバル・スタンダードなのだろう。

 

 

大移動時代と日本の高齢化社会に備える

以前にこのブログでも書いたことはあるのだが、2014年1月8日付朝日新聞朝刊が、IPCCの報告により、地球温暖化による海面上昇などで、今世紀末までにアジアを中心に数億人が移住を余儀なくされ、食糧難、貧困拡大が広がるという記事を掲載した。

記事によると、

欧州 … 洪水、猛暑、水不足

アジア … 洪水、猛暑、干ばつ、食料不足

北米 … 山火事、猛暑、水質悪化

アフリカ … 水不足、農業減産、感染症

豪州ほか … 生物の絶滅、海岸浸食、洪水

今世紀末と言っているけど、私は、もっと早い段階でこのような現象に直面するのではないかと考えている。このところの北半球の気候はどう考えてもおかしいし、別の観点からいっても、自分が生きているうちに移動時代はやってくるだろう。直感ですが。だからこそこのブログは「身軽に気軽に移動のできる、創造的な人生を送るためのブログ」なのです。

その時代が来る以前に、日本にいたとしても、日本の高齢化という問題がある。日本は世界でも有数、というか、一、二を争う高齢国家だ。外国の人々に助けていただくことになるのかどうかわからないけど、今後は何語が主流になるのだろうか。

関連記事

むつかしい内容でしたが。『「水」戦争の世紀』を読んで 

各国の平均年齢 (「global post」より)

 

 

まとめは「何かを始めると何かが始まる」

頭が混乱しても長期で続けるつもり。一日15分のラジオ講座でも継続は力なり。塵も積もれば山となる。また、全ての言語はむつかしいけど、アウトプットのため、このブログを備忘録に利用する予定である。「何かを始めると何かが始まる」と考えている。

真剣に取り組みます。

尚、NHKラジオは無料で聴けます。

 

 

最終更新 07/05/2015 19:50

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。