スポンサーリンク

 

Stephen Nachmanovitch (スティーヴン・ナハマノヴィッチ)という、1950年アメリカ生まれ、教師、即興ヴァイオリニスト、作曲家、詩人、教師、コンピュータ・アーティストの言葉に心洗われ、励まされている。

 

"Creative work is play. It is free speculation using materials of one's chosen form"...Stephen Nachmanovitchvia Kelly Anna Serritiello さん

“Creative work is play. It is free speculation using materials of one’s chosen form”…Stephen Nachmanovitch

 

 

‘インプロヴィゼーションの核心にあるのは、意識の〈自由な遊び(フリープレイ)〉’

‘すべてのひとは、インプロヴァイザー’

‘創造的な人生には、リスクが付きもの’

「発汗(努力)がすなわちインスピレーションのもととなるのです」

‘練習の有効性の多くは、準備にある’

‘祈ること……働くこと……感謝すること……’

「行き詰まったら、瞑想をし、自由連想をし、自動筆記をし、自問自答します」

「過去四千年でもっとも根本的な社会政治的発明は〈安息日〉です」

 

上記は、1990年に刊行され、8月に日本語訳が発売されたスティーヴン・ナハマノヴィッチ著『フリープレイ 人生と芸術におけるインプロヴィゼーション』若尾裕 訳 フィルムアート社 刊 原題  Free Play : Improvisation in Life and Art)からの引用。

 

西洋が東洋に歩み寄った思想で、文字を追うことで、ヨガを一時間くらいやった後の清らかな感覚になる。どの頁を開いて読んでもすっとする。すっかりお気に入りの本になってしまって、夜寝る前に数頁ずつ読み返すことの多い一冊である。

 

翻訳、組版、装丁、何もかもがパーフェクトな書籍でもありました。

 

 

フリープレイ 人生と芸術におけるインプロヴィゼーション

 

 

最終更新 07/05/2015 19:42

 

ブロガー、リモートIT職、選書家、音楽配信、書籍企画 / Plenitude Interactions LLC / HipHop、アフリカンアメリカン文学 / ミニマリスト / 潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎 / 2017年10月より約20年ぶりに学生(通信制大学科目履修生) / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンはマジョリ画の妖艶な女帝 / お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com / 現在、仕事のための勉強と大学の勉強でせわしく過ごしているため、通常の投稿がしばらくの間、週1-2回ペースになります(11/06/2017)

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日からブログの大工事を行っています。メニューバーが複雑になっていますが、2018年6月までに整備が終了する予定です。何卒ご了承くださいませ。