スポンサーリンク

 

こんにちは、RealKei JPです。

 

お知らせです!

 

今後、私の食事法の日本語表記は「世にも美しいミニマリストダイエット」、英語表記は「What a Beautiful Minimalist Diet!」、略して「WBMD」に統一することにしました。

 

笑。

 

「世にも美しいミニマリストダイエット」は、潰瘍性大腸炎発症から今年で30年、現在寛解期にいる自分のためのダイエットです。

 

私の主治医は、「食べ物と潰瘍性大腸炎は関係ない」「自分が合わないと思ったことは食べないこと」という考え方なので、この方法は独自の判断ですし、発症30年のうち20数年の間の自身の人体実験に基づいています。

 

よって、素人による自分のためのダイエットになるわけです。

 

加えて、人にはそれぞれの体の状態と生活と人生があるから、私がそこに介入することはないので勧める必要が全くありません。それ以前に私は医者ではありません。

 

「世にも美しいミニマリストダイエット」「What a Beautiful Minimalist Diet!」は、

・故 宮本美智子さんの著作である書籍「世にも美しいダイエット」シリーズ

・1995年8月23日付のワシントン・ポスト紙で「世にも美しいダイエット」が取りげられた際、”Oh What a Beautiful Diet! “と表現されていたこと( USING THEIR NOODLES, JAPANESE EMBRACE ITALY’S PASTA by By Kunio Francis Tanabe )

にインスピレーションを受け、自分自身がミニマリストであることからそのように名付けました。

 

人類の進化により、この難病が治ることがある時は邪魔になること、一方、新たな病気や怪我など何が起きるかわからないので、潰瘍性大腸炎、Ulcerative Colitis、UCは名称にいれていません。

 

約30年間の潰瘍性大腸炎のつきあい…、薬を拒否していた時期が20数年あったり、途中何年かは病院で検査をしていなかったのでその期間は病名が「診断」されていませんが、ジクジクとした体調不良を起こすことは、昨年入院してステロイドの治療をするまでは、よく起きていたことです。

 

薬の服用をしていなかった20数年の間には、「潰瘍がほぼ消えた」時期もありましたが、寛解と再燃を繰り返すと言われているだけの病気があって、その後7年くらいの時間が経ったら見事に重症になりましたから、よくわかりません。

 

現在は寛解期に入り、炎症性ポリープ(悪性ではなくて、重症時の炎症跡にできたかさぶた的なもの)に時々苦しみながらも、普段は平和に過ごしています。

 

この後にアップする投稿は、「WBMD」(「世にも美しいミニマリストダイエット」)のルールについてです。

 

ブロガー、選書家、音楽配信、書籍企画、外国企業からリモートで仕事を請け負う自由業(Webマーケティング、翻訳、コンサルタント・営業代行) / Plenitude Interactions LLC / 2017年秋より約20年ぶりに学生 / 虚弱体質(潰瘍性大腸炎 UC IBD 30年、ナルコレプシー、強膜炎) / HipHop / アフリカンアメリカン文学古書収集家でその手の本をたくさん所有する最小限主義者 / 読書は歴史、人文思想、経済、科学、テクノロジー、外国文学を中心にだいたい100冊以上、最近になりHow-To本も読み物に加わった / 元音楽レーベル&出版社勤め / アイコンは宇野亜喜良氏「妖艶な女帝」 /  お気軽にご連絡ください hello@plen-act.com (04/24/2018 最終更新)

 

 
ブログに関するお知らせ

2017年5月23日から2018年6月までに完了予定で行っていたメニューバーの大工事が2018年5月23日をもって終了しました。これから2018年の年末にかけては、音楽 / 映画 / 写真 / 美術 のメニューバーの工事が始まります。よろしくお願いいたします。