あるミニマリストの海外一人旅の準備のリスト(航空チケット、ホテル、保険など)

あるミニマリストの海外一人旅の準備のリスト(航空チケット、ホテル、保険など)

  外国へ旅する時、準備のリストがあると割とすぐに用意が終わる。   持ちものに関しては過去の投稿をどうぞ。私が女なので、女性の旅の用意のヒントになるかもしれない。 手荷物一つで海外を旅するための必需品 手荷物一つで旅するための衣類とバッグ ベルリン出張2015春夏1-6「旅の持ち物とコナカのシャワークリーンスーツ」   外国へ行くとしたら、近年は仕事の用事が優先でド […]
西本願寺御影堂瓦てぬぐい

西本願寺御影堂瓦てぬぐい

  先日訪れた長崎では、プライヴェートの時間も作り、先祖へのお参りもしてきた。   なんと十年ぶりだ…。   関連記事 自分のルーツは九州だと感じる日常のこと まだあった!自分のルーツは九州だと感じる日常のこと 〜麦味噌〜 手仕事の日本 九州の小鹿田焼   突然のお寺の訪問にも関わらず、先代の坊守様、ご住職ともに歓迎してくれ、また、ユーモアたっぷりの良い話し […]
リュックサック一つで国内一泊の旅【追記あり】

リュックサック一つで国内一泊の旅【追記あり】

  先日、仕事の用事で長崎に訪れた。一泊ということもあり、リュックサック一つで旅立った。   何を持って行ったかを語る前に、まずは出で立ちの説明を。   - コットンパンツ >>  二日目も着用 - Tシャツ - テーラードジャケット(コナカではない) >>  二日目も着用 関連記事 ベルリン出張2015春夏1-6「旅の持ち物とコナカのシャワー […]
長崎限定 “恋する香り”「マダム・バタフライ」のハンドクリーム

長崎限定 “恋する香り”「マダム・バタフライ」のハンドクリーム

  写真のハンドクリームは、先日用事で訪れた長崎で購入した「マダム・バタフライ」シリーズのハンドクリーム。       長崎を舞台にしたオペラ『蝶々夫人』をモチーフに、資生堂と一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会とが共同開発した製品だそう。     オーガニック製品好きが毛嫌いするような成分が使われているので、こだわりのある人にはおすすめはできないけど、塗ってすぐにサラサラになるし、香りがし […]
京都東山にて【日記】

京都東山にて【日記】

  先達て、日帰りで京都に行った。   10年ぶりの京都は、建物や道路に変化を感じたけど、日本の都の空気を吸っているだけで幸せな気持になる。   京都訪問の最大の目的である用事の後は、少しの時間を十分に満喫した。   現地に住む元同僚の編集者からは大変な歓待を受け、昼食までごちそうになり、お腹をかかえて大笑いをしながら思い出話をしたり、近況報告をしたり。元か […]
ベルリン出張2015春夏5-6「飛行機内では特別機内食をいただく」

ベルリン出張2015春夏5-6「飛行機内では特別機内食をいただく」

航空会社では、健康を維持するためだとか、宗教上食べて良い食材を使った特別機内食を用意している。     私は健康上の理由により普段から哺乳類の肉を食べない生活を送っているので、こういった特別食を予めお願いしていただく。     今回のベルリン出張は、ブリティッシュ・エアウェイズに乗った。     初めての航空会社だから特別食も楽しみにしていた。   行きは、Lacto ovo Vegetarian […]
趣味のサーフィンは休憩中です

趣味のサーフィンは休憩中です

  このブログでは自己紹介以外で初めて書くのだが、かつて私は初級レヴェルのサーファーだった。   via byronv2 さん スタートは、二社目の会社に転職したあたりの2007年の夏のこと。出版社勤めの人の趣味は、読書、本屋めぐり、作っているもの、売っているもの関連の情報を集めること、お酒を飲むこと、音楽関係の仕事の人は、レコ屋周り、ライヴやクラブに行くことが、ライフスタイル […]
作家のファッション「デュラス・ルック Duras Look」

作家のファッション「デュラス・ルック Duras Look」

  『99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる』(ドミニック・ローホー著、赤松梨絵訳、講談社発行)で、著者がデュラス・ルックにふれている。   デュラスは、今年が生誕100年のフランスの作家マルグリット・デュラスである。私が読んだ彼女の小説は、学生時代に読んだ『愛人/ラマン』だけなのだが、長い間気になっている人ではある。   デュラス・ルックとは、有名なデザイナーが […]
30日で夢を叶えた女性のはなし

30日で夢を叶えた女性のはなし

  自己啓発系の書物は、ビジネス系、スピリチュアル系ともに、仕事の資料以外では読まない私であったが、『アイ・ロスト・マイ・ジョブ 30日で夢を叶えた女性の日記』は出合いの一冊と言ってよい。   精神世界の棚にあろうと、表紙とキャッチを見ただけで、これはスピリチュアル系の本というよりブロガーのための本だと、目に飛び込んできた。   本文中、精神世界の人達が書いた書物が登 […]
お洒落の手本になる雑誌

お洒落の手本になる雑誌

  お洒落のお手本となっていた雑誌を、とうとう処分した。       本の整理は四年前からずっとやっていたのだけど、なかなか雑誌まで手が回らず放置していた。でも、これではいけないと、やっと業者に取りにきてもらったのだった。   これにて、本の整理がいったん終了である。長かった。ふー。   写真の雑誌は、私のお洒落第三期以降から現在の資料で […]
友達の贈り物のリストに小さなボトルのシャンパンを加える

友達の贈り物のリストに小さなボトルのシャンパンを加える

  「私の誕生日には特別美しいシャンパングラスをひとつだけ、バカラかラリックのものを贈ってください。 私はものを所有したくもないし、責任も持ちたくありません。 私の願いは、私が必要としているときにそこにあって欲しいということだけなのです。 あなたの首には美しい真珠のネックレスを選ぶことで満足しなさい。 友達には、テタンジュのお酒一瓶または薄紫色のバラよりも長く持つプレゼントはいらないと言 […]
Latest entries
ラグタイム・ピアニスト、チャールズ・トンプスンの『Neglected Professor』

ラグタイム・ピアニスト、チャールズ・トンプスンの『Neglected Professor』

スポンサーリンク   こんにちは、RealKei JPです。   写真は、Charles Thompsonのアルバム『Neglected Professor』。     少し前に読んだ『ブルースと話し込む Conversation with the Blues』に掲載されていた、ラグタイム・ピアニストです。   私の人生の基礎にあるということもあっ […]
アンヌ・フォンテーヌ監督『ボヴァリー夫人とパン屋』リヴュー

アンヌ・フォンテーヌ監督『ボヴァリー夫人とパン屋』リヴュー

  こんにちは、RealKei JPです。   久しぶりに映画を観ました。   ルクセンブルク出身でフランスで活躍する、アンヌ・フォンテーヌ監督の『ボヴァリー夫人とパン屋』(原題:Gemma Bovery)。   Flickr : antonio boxmail GEMMA BOVERY.eps   名作にも関わらず私は読んだことがないギュスターヴ […]
香りの良いお灸

香りの良いお灸

  こんにちは、RealKei JP です。   週一回、鍼灸治療を受けています。   加えて、お腹の調子を整えるため、朝夕、自宅でもお灸をやっています。   同居人が普通のお灸のにおいを好まないので、現在は、煙の出ないお灸を使用。     これがなかなか良い香りで、私も気に入りました。   一日二回のお灸の時間が楽しみになりま […]
ユダヤ食のクラッカー、マッツァー

ユダヤ食のクラッカー、マッツァー

  通販サイトで購入した、ユダヤ食のクラッカーです。     小麦と水だけで作られた、優秀なマッツァー!   大きいですよ。     随分前に撮った写真ですが、小松菜ペースト、バタ、ココアがけホットブルーベリーをつけていただきました。   付け合わせの食材の味を引き立てる小麦粉製品でした。   こういう究極シンプルな食 […]
遺伝子検査 My Code(マイコード)でわかったこと

遺伝子検査 My Code(マイコード)でわかったこと

  こんにちは、RealKei JPです。   以前から興味のあった遺伝子検査を行いました。     利用したのは、DeNAのMy Codeの「ヘルスケア」。病気と体質全検査280項目がわかるというものです。   検査セット一式を入手したら、書類に必要事項を記入し、書類とともに唾液を送ると、数週間後にはネットで結果を確認できます。   今 […]
炎症性ポリープの治療

炎症性ポリープの治療

  久しぶりのブログ更新です。   退院後初の内視鏡検査結果が出ました。   寛解期に入ったということで、ひとまず安心。   薬も一段階減りました。   お刺身も食べて良しというので、早速いただきましたよ。   その日は好物の白身を入手できなかったので、良い目の鮪を。   半年以上ぶりに口にするお刺身はたまりませんでした。 &n […]
二ヶ月ぶりの大腸内視鏡検査

二ヶ月ぶりの大腸内視鏡検査

  先日、大腸内視鏡検査を行いました。   UCが活動期に入り、春先から初夏にかけて長期入院をしておりまして、今回は、退院二ヶ月後の腸の具合を見ることが目的でした。   検査前の腸をキレイにする準備は病院で行います。   十代半ばから幾度となく受けている検査ですが、やはり緊張します。   腸の状況や医師のセンスにより、痛みを伴うこともあるからです。 […]
山田詠美著『珠玉の短編』読了

山田詠美著『珠玉の短編』読了

  山田詠美の、短編小説11作が収められた『珠玉の短編』。     2005年に発売された『風味絶佳』以来、初めて山田詠美の新刊を読みました。   エッセイも含め、本当に10年以上ぶりに。   1993年の『ぼくは勉強ができない』あたりから、それまでの作品とは違って、冷静に山田作品を読むようになり、でも、ファンだからこそ本を買い続け、サイン会も行け […]
ウェンズデー・マーティン著 佐竹史子訳『パークアヴェニューの妻たち』読了

ウェンズデー・マーティン著 佐竹史子訳『パークアヴェニューの妻たち』読了

  『パークアヴェニューの妻たち』は、ライター兼ソーシャールリサーチャーである女性によるノンフィクション。     著者は子供達に良い教育を受けさせる為、富裕層が多く住むニューヨークの超高級住宅街アッパー・イスーストサイドに移り住みます。   そこで、超富裕の「専業主婦ママ」達の実体を、著者自身が文化人類学的に分析していくというアカデミックな内容で、ヒエラル […]
ダリウス・ミヨー『管楽器とピアノのための室内楽』

ダリウス・ミヨー『管楽器とピアノのための室内楽』

    一見(ブログではわかりませんが)ヒップホップやR&Bしか聴かないようなイメージの私ですが、5歳から16歳までクラシックピアノを習っていたり、子供時代はNHK交響楽団の生演奏を頻繁に聴きに行く機会に恵まれ、クラッシックは自分というものが形成されていく上で重要な音楽のジャンルのひとつになっています。   そんなこともあってか、少し前に長期入院していた際、ラ […]
藤井太洋著『Gene Mapper -full build-』読了

藤井太洋著『Gene Mapper -full build-』読了

  以前に読んだ、作家になったエンジニア 前編 作家になったエンジニア 後編 で、著者の経歴に興味を持ちました。     『Gene Mapper -full build-』は、未来に起きそうな、遺伝子工学を主題とした作品。2037年が舞台の話し。   小難しい単語はたくさん出てきますが、アナログ人間にとっては大変勉強になります。   ====== […]
カルディのアイスブレンドはおいしい

カルディのアイスブレンドはおいしい

  子どもの頃から珈琲好きです。   深みがあり、渋めの味が好み。   かといって、豆に凝ることはありません。   お店で売られているものを適当に選んで、挽いてもらったり、時々、既に粉にしてある物を購入します。   飲み方は、フィルターを使用することもあれば、エスプレッソマシーンを利用することもあります。   珈琲の飲み比べは楽しい作業で […]
佐藤光浩著『遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則』読了

佐藤光浩著『遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則』読了

  成功者伝オムニバスの自己啓発書。     普段、自己啓発書は読まないのですが、よく利用する、小さな「良い本屋」に置いてありましたので購入しました。   登場する成功者達は以下の通り。   マクドナルドコーポレーション創業者、レイ・クロック。   ファッションデザイナー、クリスチャン・ディオール。   日清食品株式会社創業者、 […]
阿部進著『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』読了

阿部進著『癌からの生還―M式免疫療法の秘密』読了

  1997年初版の古い本。以前からずっと欲しく、やっと入手。     M式免疫療法は、20年以上前に一世を風靡した「世にも美しいダイエット」シリーズで一躍有名になりました。   今の言葉で言うと、糖質制限ダイエット、原始人食、ケトジェニックといったところの食餌法です。   私も長い間「俄」で続けていましたが、今は、血糖値の状態を見ながら、M式のル […]
丁宗鐵著『病気がイヤがる暮し方 : 江戸式健康心得』読了

丁宗鐵著『病気がイヤがる暮し方 : 江戸式健康心得』読了

  私でも知っている、漢方の有名な医師の著作。     江戸時代までは、日本で普通に行われていたセルフメディケーションを勧める一冊。   TPPが始まる前に、昔の「良い習慣」を生活に取り入れることは、私も大切なことだと思います。   興味深いことが多数書かれていました。   そのうちの一つがアメリカでの話し。   1990年代前 […]
ジャック・アタリ+積極的社会フォーラム著『未来のために何をなすべきか?――積極的社会建設宣言』読了

ジャック・アタリ+積極的社会フォーラム著『未来のために何をなすべきか?――積極的社会建設宣言』読了

  Positive Economy Forum : Manifeste Pour Une Société Positive の翻訳に、ジャック・アタリが「神奈川大学評論」に寄稿した「未来のために尽くすことこそ、継続的、均衡成長のための鍵である」を附録として収録された一冊。     積極的経済、愛他主義、キーワードだけはしっかりと頭に入れました。   社会に […]
選挙前のお祭りは苦手

選挙前のお祭りは苦手

  選挙前の各種のお祭りが大の苦手な私です。   政治に無関心なわけでは決してないけど、静かにやって欲しいのですよ。   お祭り各種、全く粋でない。   早く、7月10日が過ぎますように。    
苫米地英人著『脳に免疫力をつければ病気にならない!』読了

苫米地英人著『脳に免疫力をつければ病気にならない!』読了

  最近読んだ、認知科学者の苫米地英人著『脳に免疫力をつければ病気にならない!』。     病気にならない、健康でいられるための、今すぐ無料で出来る、実用的な情報満載な一冊。   知っておいて損なことはないということがたくさん書かれています。   ただ。   大病や大怪我をしたことのない人が健康を語る時、特有のものの言い方があることは、強 […]
ジュリア・エンダース著『おしゃべりな腸』読了

ジュリア・エンダース著『おしゃべりな腸』読了

  最近読んだ『おしゃべりな腸 (Darm Mit Charme)』。     ドイツの若い研究者、ジュリア・エンダースさんが著者です(1990年生まれの、とても美しい女性!)。   UCもちとしては、常に「腸の声」を聴きながら生活をしているので、帯文のキャッチはぐっときました。   腸内細菌と健康に関する分野は医学の世界ではないがしろにされている […]
宮部みゆき著『名もなき毒』読了

宮部みゆき著『名もなき毒』読了

  最近読んだ、宮部みゆきの小説『名もなき毒』。     受け止め方もありますが、この小説は、土壌汚染問題が隠れたストーリーの柱で、そこに登場人物、起こる殺人事件の設定があるように思います。   やわらかいミステリー小説でした。   ========== 『名もなき毒』 宮部みゆき 著 文藝春秋 発行 978-4167549091
五木寛之著『生きる事はおもしろい』読了

五木寛之著『生きる事はおもしろい』読了

  少し前の入院期間中に読んだ一冊。エッセイです。     五木寛之作品は、初読だと思います。   病院の書棚にあったからこその、出合いの作家。   五木さんの日常生活における、おもしろく、時に真面目なことが書かれてあります。   笑えること多し。その中には毒もあります。   一気に読んでしまいました。   ===== […]
肌断食 その後

肌断食 その後

  以前、肌断食を続けていると書きました。   肌断食(肌に何もつけないスキンケア)開始から約2週間が経ちました   肌断食(肌に何もつけないスキンケア)開始から約3週間経過。始めて正解だったかも…   肌断食(肌に何もつけないスキンケア)がうまくいっている理由     体調の変化に伴い、肌質も変わり、結局今は続けていません。   […]
スポンサーリンク
スポンサーリンク